赤ちゃんの成長とイベント

赤ちゃん

 

 

生後0ヶ月~1歳までの赤ちゃんのイベントを紹介します。

 

お七夜

お七夜は赤ちゃんの出生から7日目の夜に名前を決めて、赤ちゃんの健やかな成長を願う平安時代からある風習です。現代では赤ちゃんの生誕7日目というとちょうど病院からママと赤ちゃんが退院する日と近いので退院祝いと合わせて祝ってあげてもいいかもしれません。伝統的な祝福の方法では尾頭の付いた鯛で祝います。めでタイ風習です。

 

出生届

出生届は赤ちゃんの両親の本籍地にある役所に提出します。期限は赤ちゃんの出生から14日以内となっておりますので、出生証明書と母子手帳、国民健康保険証、印鑑を準備してパパかママ、または両親の代理が役所まで届けましょう。

 

お宮参り

お宮参りは赤ちゃんの健やかな成長を祈って神社に詣でる風習です。基本的には出生から30日前後を目安にお宮参りをします。地域によって違いはありますが、男子は誕生から31日目、女子は誕生から33日目が最も多いようです。しかし、このひにちはあまり気にせず、ママと赤ちゃんの体調が良く、天気の良い日にお宮参りしましょう。お宮参りの服装は、男の子は「羽二重地の紋付きで、鷹やめでたい図柄ののし目模様」、女の子は「縞子地や縮緬地に花柄などをあしらった友禅模様の紋付き」と決まっています。

お宮参りは両親と赤ちゃんの父かたの祖母と一緒に詣でるのが一般的です。一般的な参拝のような形式で参拝、お賽銭を支払う方法でも良いですし、社務所におはらいを申し込み、初穂料を払うやり方もあります。

 

お食い初め

赤ちゃんの成長を祈って、生後100日(3カ月)が経過した赤ちゃんにする風習です。

実際に食膳を準備し、食べ物をたべさせる真似をします。食前に盛り付けるのは「歯固め石(小石で代用できます)」と「うめぼし」でそれぞれ、丈夫で健康な歯が生えてきますように、しわができるくらい長生きできますようにという願いを込めます。

食膳はあらかじめ赤ちゃん用にお膳、お椀、お箸を準備してあげてください。

正式な膳は男の子は朱塗り、女の子は外側が黒塗り、内側が朱塗りのもの。メニューは一汁三菜を基本に、尾頭つきの鯛、煮物、赤飯、香の物、汁の5つです。

正式な風習では男子が朱塗りの膳で女子は外側が黒塗り、内側が朱塗りの膳を使い、一汁三菜で尾頭付きの鯛を用意します。

また、海外では一生お金に困らないようにとの願いを込めお食い初めの時に銀のスプーンをプレゼントする国もあるそうです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>