生後4ヶ月の赤ちゃん成長

赤ちゃん

 

 

生後4ヶ月の赤ちゃんは首がすわります。

 

首すわりを見極めるポイントは両手を持ってカラダを起こしたときに首が後ろにだらんと落ちないか、横ばいにすると頭を持ち上げるかです。首がすわったかどうかは生後3~4ヶ月後の乳児検診の時に見てもらえます。首がまだすわっていないようでしたら定期検診で診てもらいましょう。

 

生後4ヶ月ごろから赤ちゃんは徐々に歩き方を覚えてきます。

生後間もないころは体を動かす事で動いていた赤ちゃんも生後4ヶ月ごろにはひざの上で飛び跳ねるような仕草をします。赤ちゃんの脇の下を持って持ち上げると、赤ちゃんは脚をばたつかせるような動作をしたり、脚をピンと延ばしてみたりします。

この動作がやがてははいはいになりつかまり立ちに変わりあんよができる状態になるのです。

 

生後4ヶ月頃から赤ちゃんは周りにあるものを口に運ぼうとします。

なので、このころから赤ちゃんのまわりには飲み込んではいけないものを置かないように注意してください。

 

感情もはっきりしだしてくるので、生後4ヶ月の赤ちゃんはうれしいことがあれば大声で笑いますし、悲しい事や嫌な事があったら大声をだして泣きます。表情にも喜怒哀楽が現れてきます。

赤ちゃんに「くすぐっちゃうぞー!」などというと喜ぶしぐさをみせます。くすぐったり、高い高いをしたりしてスキンシップをとると赤ちゃんは喜びますし良い刺激になるのでオススメです。

 

「ぶーぶー」、「ばぶばぶ」といった擬音のような言葉をしゃべりだすのも生後4ヶ月目の赤ちゃんの特徴です。

生後4ヶ月目になるとほとんど生活のリズムは大人と一緒になるので、朝起きて夜寝る習慣を付けさせましょう。おっぱいやミルクの回数はこの頃から減ってきて1日5回程度で済むようになります。

生後4ヶ月を過ぎたころから赤ちゃんは遊び飲みを頻繁にするようになったり大人の食べているものに興味が湧いてきます。食べ物に興味が湧いているときは口をもぐもぐさせたりします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>