生後7ヶ月〜9ヶ月の赤ちゃん成長

赤ちゃん

 

生後7ヶ月〜9ヶ月の赤ちゃんははいはいを始めるまでに成長していきます。はいはいにも段階があって最初は手と膝を使ってはいはいをしますが、やがて手と足の裏を使ったはいはいができるようになります。赤ちゃんが手と足の裏を使ったはいはいをしだしたら二足歩行ができるまでもう少しというサインです。しかし、例外的にはいはいよりさきに立って歩行ができるようになる赤ちゃんもいます。

 

はいはいが始まったら赤ちゃんの危険となるものを赤ちゃんが動き回るところにおかないようにしましょう。電気ポットやコーヒーメーカーなどが床におきっぱなしだとコードに引っかかった赤ちゃんが大やけどをしてしまう事があります。アイロンやストーブなどにも注意してください。どうしても赤ちゃんが動き回るところにおかなければならないとしたら柵などを設置して赤ちゃんが近づけないようにしておきましょう。また、赤ちゃんが食べたら危ないものも置かないようにしてください。ボタンや電池、タバコの吸い殻などは赤ちゃんが口に含んで飲み込んでしまう事があるので置かないようにしましょう。ボタンは無害ですが、電池やタバコを飲み込んでしまった場合はすぐに病院へ行って除去と胃の洗浄をしてください。赤ちゃんの命にかかわります。

 

生後6〜8ヶ月頃になると赤ちゃんの乳歯が生えてきます。一般的には最初に下の前歯が2本出てきて、次に上の前歯が2本生えてきます。赤ちゃんの乳歯が生える直前になるとはぐきがむずむずしたりするので赤ちゃんは頻繁におもちゃをかむようになるかもしれません。『歯固め』などの噛んでもOKなおもちゃを与えておくと安心です。もろいおもちゃだと壊れて赤ちゃんが飲み込んでしまう事があるからです。赤ちゃんの乳歯が生えたら歯磨きはまだする必要がありませんが、口の中を清潔にする習慣をつけさせましょう。

 

生後7〜8ヶ月ころの赤ちゃんに与える食事は徐々にお豆腐くらいのかたさの離乳食にして行きましょう。赤ちゃんの食事回数は引き続き1日2回として、栄養バランスを考えて食事を与えて行く事が大切です。

・糖質(炭水化物):おかゆ(やわらかいご飯もOK) 50g

・タンパク質    : 卵 なら2分の1、魚や肉なら13〜15g程度が目安

・ビタミン    :緑黄色野菜を1回3〜40g

1回分の離乳食を毎回、栄養バランスを考えて作るのは大変なので1回でまとめて作って冷凍庫で凍らせておいたり家族の食事から少しとって取り置きするなどの方法がおすすめです。遊び食べをする時は時間を決めて赤ちゃんが食べないようなら切り上げるのもOKです。

 

夜泣きは赤ちゃんに起こる生活のリズムをみだした時の現象です。1歳半くらいまでは夜泣きは発生しますが、おっぱいやミルクをあげたりして安心させる事で収まりますので気楽に応じる事がポイントです。夜泣きでストレスを抱えるママは多いですが誰でも一度は通る道で一生続くわけでは無いのでここは辛抱してください。

 

生後6〜8ヶ月くらいになると赤ちゃんの人見知りが始まります。人見知りは赤ちゃんがパパとママの顔と他の大人の顔を見分けられ始められたという事なので成長したなと思ってください。赤ちゃんの人見知りはしらない人を見分けて興味がある時に起こりますので脳が発達してきた証拠なのです。人見知りをしたら、この人は大丈夫だよ〜!と安心させるようにしてあげれば赤ちゃんは徐々に他人にも慣れるでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>